東京建物
Brillia ART AWARD

ARCHIVEこれまでの作品

No.05 
Brillia ART AWARD 2019作品・アーティスト紹介

TITLE:
もけもけもののかえる場所
CONCEPT:
目覚めて支度をし家を出る、活動する、家へ帰り、眠りにつく。
社会という大きな生き物の呼吸のように続いてゆく日常。
そしてその中に生きる私たち。

もけもけものに私たち人の存在を投影し、
『安らげる場所、拠り所となる場所、新たに生まれるための場所、かえる場所とはどんなところだろう?』と想像し、
巨大な卵のような、不思議なお家のような存在として表現しました。

ARTIST PROFILE

黒田 恵枝 / Yoshie Kuroda
2010年
多摩美術大学美術学部情報デザイン学科 情報芸術コース卒業
2017年
HAPTIC DESIGN AWARD受賞者展@Fab Café Tokyo東京 佳作
SICF18@スパイラル東京 審査委員栗栖良依賞
シブヤスタイルvol.11@西武渋谷店東京
2018年
SICFWinners Exhibition@スパイラル東京
個展「FANTASTIC GRAVE」@THE blank GALLERY東京
など

ARTIST VOICE

Q:応募のきっかけは?
A:多くの方が往来する公共の場所で、昼夜問わず鑑賞して頂ける展示環境にとても魅かれ、応募したいと思いました。

Q:どうやって企画を考えたのですか?
A:『住まい』というキーワードを出発点に、私達の住まう場所、とても広義な意味で私達が存在している場所とは、それはどんなかたちをしていてどんな存在だろう?と想像を膨らませていきました。

Q:作品に込めた想いを教えてください。
A:タイトル中の『かえる』は、●帰る...自分の愛着のある場所に戻ること ●還る...根源的な状態にもどること ●孵る...卵が割れて孵化するといった様々な意味が込められた言葉だと思います。人々自身の境遇や心情、記憶などを投影し、ストーリーを想像したり考えたりして楽しんで頂きたいという想いを込めて制作しました。

Q:実際に作品を完成させた感想をお聞かせください。
A:スタイリッシュな建物の質感、素材である衣類と生き物達の有機的な質感は一見ミスマッチのようで、でもどこか不思議な調和を感じさせる景観をつくりだすことが出来たのではと感じています。それから、昼と夜、雨の日や晴れの日などで作品のみえ方や感じ方も変化し、それもまたこの空間自体のもつ面白さだと思いました。
PAGE TOP